肝炎ウイルス検査
 A型ウイルス
 肝機能検査と血液中のIgM抗体を行って診断します。
 B型ウイルス
  B型肝炎ウイルスの検査法には、HBs、HBc、HBeの3タイプ
 の検査法があり、これらを組み合わせて検査をします。

 HBs抗原が陽性ならば、B型肝炎ウイルスに感染していることを示しています。
 IgMHBc抗体が陽性ならば、最近感染したことを表し、IgGHBc抗体が陽性ならば感染が続いていることを表します。

 HBs抗原が陰性でHBs抗体が陽性ならば、ウイルスが血液中から排除されていることを示します。

 HBe抗原が陽性ならばB型肝炎ウイルスに感染していて、感染力が強いことをしめします。

 HBe抗原が陰性でHBe抗体が陽性ならば、肝炎が治っていくことを示しています。 

 C型ウイルス

 C型肝炎ウイルス抗体を調べて、陽性ならば感染によってウイルスが血液中にあることが考えられるので、
PCR法などによってウイルスの存在を確認します。

 ウイルスの検査が陰性ならば、肝炎は治っていて抗体が残っている状態だと考えられます。

 D型ウイルス
 D型肝炎ウイルス抗体を調べて、陽性ならばPCR法などによってウイルスの存在を確認します。

 感染の初期には、IgM抗体が検出されます。

 E型ウイルス
 E型肝炎ウイルス抗体を調べて、陽性ならばPCR法などによってウイルスの存在を確認します。

 感染の初期には、IgM抗体が検出されます。

 G型ウイルス
 G型肝炎ウイルス抗体はまだ検査法が確立されていないので、PCR法などによってウイルスの存在を確認します。

 

【検査法一覧へ】