TOPへ

メルマガ
危険度チェック
性病のいろいろ
症状チェック
検査法について
性病検査はこちら
りんく・リンク・LINK

 

  HIV感染症(エイズ)

 HIV感染症エイズ(後天性免疫不全症候群)とは、異なる病態です。

 詳しい説明はこちらをクリックしてください。

急性期

HIV感染は、
早期発見・早期治療で、
エイズの発症をおさえることが
できます。


感染してしばらくは、
症状は現れません。


気になる方は
必ず検査を受けましょう。


 

   感染から6〜8週間経ってから、
   発熱咽頭炎倦怠感筋肉痛関節痛などの
   インフルエンザのような症状が現れる。

   また、全身に発疹がでることがある。

無症候期

   急性期のインフルエンザ様の症状が消失してから、
   エイズが発症するまでの約10年特に症状は現れない

   外見上は健康な人と変わることがなく、
   検査をしなければ感染はわからない

   後半に、帯状庖疹やヘルペスなどが繰り返されたり、
   原因不明の熱や下痢が続くことがある。

エイズ発症期

   原因不明の発熱下痢が続き、体重が減少し衰弱してくる。

   カリニ肺炎間質性肺炎カポジ肉腫悪性リンパ腫脳症などを
   つぎつぎに発病して、治療が行われない場合は約2年ほどで死亡する。

感染を広げる
HIV(エイズウイルス)、
検査で早期発見しましょう!


【HIV(エイズウイルス)抗体チェックキット】 匿名で受けられる検査です!【【アルバの郵送検診キット】自宅でカンタン、健康チェック!】
 
検査項目
HIV検査
 
【エイズ検査はこちらへ】