培 養 検 査
 

  栄養分を含んだ寒天の上に分泌物を薄くのばして、温度を37〜8℃に保って1〜2日間置くと、

  菌が増殖してそれぞれの細菌ごとにコロニーと言われる塊をつくります。



   これを染色して顕微鏡で観察すると、どんな種類の細菌であるのかがわかります。

 

   淋菌、トリコモナスは、専用の培地を使用して、温度や湿度、炭酸ガスの濃度などの条件を整

  えて培養します。

 

【検査法一覧へ】