性病のメルマガ えっちの病気・エッチで病気

TOPへ

メルマガ

性病のメルマガ
えっちの病気・エッチで病気・・・どうしよう?

 

ブログ版
えっちの病気・エッチで病気

http://dontstd.txt-nifty.com/stdlog/

配信中です 

 

 

 『えっちの病気・エッチで病気…どうしよう?』(ID:0000130772)

 読者登録解除フォーム
 メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。

登録フォーム
解除フォーム
まぐまぐ
『まぐまぐ!』から発行しています。
メルマガ 『えっちの病気・エッチで病気…どうしよう?』 のサンプルです。

 

◇♂◆♀◇♂◆♀◇♂◆♀◇♂◆♀◇♂◆♀◇♂◆♀◇♂◆♀◇♂◆♀

えっちの病気・エッチで病気・・・どうしよう?

◆♀◇♂◆♀◇♂◆♀◇♂◆♀◇♂◆♀◇♂◆♀◇♂◆♀◇♂◆♀◇♂

 このメルマガは、なかなか人には訊けない、相談できない病気”性病”
についての情報をお届けしていきたいと思います。

 クラミジアやエイズに代表されるいわゆる性病は、無症状で感染に気
づかないためにみなさんの周りにヒタヒタと迫ってきています。
     
 クラミジアはいまや性感染症全体の約三分の一を占め、その患者数は
およそ100万人とも言われています。
 女性の感染率が男性の約2倍で、10代・20代ではその比率が3倍
から5倍近くとなっています。

 エイズは、一時輸血や血液製剤からの感染が問題になりましたが、現
在は若い世代を中心にセックスからエイズに感染するケースがほとんど
で、感染者が毎年800人から1000人ずつ増えて、患者数の合計は
ついに1万人を超えてしまいました。

 世界の先進国ではエイズは減少傾向にありますが、日本ではそれに反
して毎年感染者数が増加しています

 いまやセックスの経験がある人ならば、誰が感染しても不思議でない
くらいになってきています。
 どうして、こうなってしまったのでしょう?

 それは、初体験年齢の低年齢化、女性の社会的進出、ピルの普及な
どによってセックスの早熟化、多様化が進み、セックスがカジュアル化してセ
ックスの機会が増えて、男女ともに複数のセックスパートナーを持つ割合が
多くなっています。

 そして、病気や感染に対する知識や危機感が低いことがさらに拍車をか
けています。

 また、日本では男性の風俗産業の利用率が15〜20%と、欧米に比べ
て10倍以上になっていて、そこでのコンドームの使用率は20〜30%
です。そしていま、コンドームを使わないフェラチオなどの口や手を使っ
たサービスが一般化して、いわゆるセックスのない感染が増えています。

 風俗嬢→男性→一般の女性→男性→風俗嬢 というセックスのネットワ
ークを通じて、歓楽街から一般社会、一般家庭へと感染が広がっています。
 本人も気づかないうちに次々に感染が広がって、あなたの周りに性病の
魔の手が迫っているのです。
 性病は、確実に広まってきています。
 もう、皆さんのすぐそばにまで近づいているかもしれませんよ。

 それでは、この魔の手から逃れるにはどうしたらよいのでしょうか?
  
 これから性病の症状、検査、治療法、予防、最新情報などについてお話
ししてゆきたいと思います。

 あなた自身やあなたの大切な人たちを病気から守っていくために、そし
てこれからも仲睦まじく、楽しい関係を築いてくためにお役に立てればと
思います。

  
    今後ともよろしくお願いします。
    ご意見、ご感想はこちらまでお願いします。
     ■tcra-mail@mbn.nifty.com

  【発行者】トマクラ(tcra-mail@mbn.nifty.com)
  【配 信】このメルマガは下記のスタンドを使って配信されています。

  【magmag】  【melma!】  

 
  【登録と解除】登録と解除は、こちらにお願いいたします。

  【magmag】  http://www.mag2.com/m/0000130772.htm
  【melma!】   http://www.melma.com./mag/86/m00128586/index_bn.html
  

 

 

 

 

【トップへもどる】