TOPへ

メルマガ
危険度チェック
性病のいろいろ
症状チェック
検査法について
性病検査はこちら
りんく・リンク・LINK

 

  梅 毒

    
 エイズウイルス感染との合併が注目されています。
 感染者数は減少していますが注意は必要です。

第1期梅毒

   感染から約3週間後に、男性では亀頭冠状溝包皮に、女性では大陰唇小陰唇

   子宮頸部小豆くらいから人差し指くらいの大きさのしこりができ、やがて潰れて潰瘍になる。

   この潰瘍は疼痛などの自覚症状はなく、触れると軟骨くらいの硬さがある。

   性器のほかに、手指などにもできることがある。

   続いて、鼠径部(脚のつけ根)のリンパ腺が腫れて、触れると硬さがあるが痛みはない

   これらの症状は、2〜3週間で自然に消える

 
第2期梅毒

   感染から9週間後くらいに、全身にバラ疹と呼ばれるエンドウ豆くらいのうす紅色の発疹

   現れる。

   この発疹は痒みがなく数週間で自然に消えるので、見落とされることもある。   

   感染から12週間後くらいから、顔面手足に痒みのない暗紅色の丘疹ができてくる。

   とくに手のひらに多く見られる。

   肛門の周囲女性の外陰部にできたものは、白っぽくびらんになり扁平コンジローマと呼ばれ、

   トレポネーマが多数存在するので、感染力は非常に強い

 
第3期梅毒 

   感染から3年以上経つと、アズキ大の中央部が灰色〜黄色で、触れると痛みはなく

   ゴム のような硬さがある潰瘍ができる。

   1個から数個できることがあり、互いに合併して巨大化することがあり、瘢痕化して残る。

 
第4期梅毒

   感染から10年以上経つと、脳神経脊髄心臓血管が侵されて、進行性麻痺

  大動脈炎などがみられる。

 
検査項目
分泌物検査
血液検査
 
【梅毒検査はこちらへ】

【トップへもどる】